インド洋のガラパゴス!秘境ソコトラ島の旅~第2日目 ソコトラ島上陸編 Socotora, Yemen

【訪問時期 Visited Date】2020/3/3~2020/3/11
【訪問場所 Visited Site】ソコトラ島 Socotra islands, Yemen
※文中の料金等は2020年3月現在のものです
———–

前回の旅行記

 

今回は、いよいよソコトラ島上陸編です
 

<ソコトラ島へのアクセス To Socotora Islands through Seiyun by Yemeni Airways>

2020年3月現在唯一の空路アクセス

カイロ(エジプト)⇒セイユン(イエメン本土)※経由のみ ⇒ソコトラ島(イエメン領)
※詳細は「異次元の島・ソコトラ島に関する情報メモ」をご参照ください

カイロ⇒セイユン⇒ソコトラ島ルートマップ Route Map from Cairo to Socotora through Seiyun, Yemen mainland

カイロ→ソコトラ島ルートマップ by Google Map(2020年3月現在)


 

本来の定刻到着時刻は午前8:25
それを大幅に遅れて、到着したのは10:20

いよいよ長年の悲願、ソコトラ島へ上陸!!

いい天気!
なんたって、3月はソコトラ島ベストシーズンですから!

ソコトラ島 Socotra island

301 いよいよ悲願のソコトラ島に上陸!! Mayumi

もちろん歩いて空港施設へ向かう

右は一般客のレーン
左は地元客のレーンらしい

ソコトラ島 Socotra island

302 ソコトラ島空港! Mayumi

飛行機は週1便

要するに、この来た便でソコトラ島を出国する

今はこのピストン就航のみ

次に会えるのは1週間後の水曜日!

ソコトラ島 Socotra island

303 1週間後、また会う日まで Mayumi

さっそく小ぶりだけど、

夢にまで観たボトルツリーとご対面!
空港にまで生えているとは、さすがソコトラ島のシンボル!

向こうできてる人垣は
あとで聞いたら、
島の有力者たち御一行様による本土からのご帰還だそうです

ソコトラ島とイエメン本土は行政分離で、基本的に治外法権だそうで
それでも定期的に島の偉い人たちは情報交換のために本土移動

そして本土の内戦についてはソコトラ島は一切関与せず、
そのおかげで嘘みたいなピースフルなんですよ

平和を通り越して、ちょっとタイムスリップしたようなのんびりした雰囲気の島です

ソコトラ島 Socotra island

304 さっそくソコトラ島のシンボル・ボトルツリーが歓迎! Mayumi

一般観光客は
まずはイミグレーションオフィスで入国審査

ソコトラ島 Socotra island

305 まずはイミグレーションオフィスへ Mayumi

一応、イミグレーションオフィスという名のただの小部屋

列もあるようでなく、横入りもあったり、結構無秩序
ごった返しするその横で
今まさに出国する人たちの列が飛行機に向かっていました

つまり、一つの部屋で同時に出入国が行われてます…

ソコトラ島 Socotra island

306 秩序もほとんどない、ごった返しのイミグレーション Mayumi

並んでいる間に
今回の旅行でお世話になるガイドさんに話しかけられる

見つけてもらえてよかった…ようやくホッと一安心

イエメンビザ原本を彼が持っていたので
入国審査官の前へ引っ張られて
パスポートとビザ提示

審査官というかそこにいたおっちゃんは一応照合していたけど
なんたって管理システムなんてなく、アナログで目視確認のみ
この混雑をさばくべく、あっけなくスタンプ押しまくってた

大丈夫なのか、セキュリティは……

ソコトラ島 Socotra island

307 ようやく入国手続完了 Mayumi

出国の人たちが登場し終わった後のロビー

壁にはソコトラ島の名所が飾られていました

あんなにいた観光客らはそれぞれのガイドに促され
それぞれの車に乗って散り散りになりました

ソコトラ島 Socotra island

308 人が引いた後のイミグレーションオフィス、ソコトラ島フォトが飾られている Mayumi

今回の旅はわたし一人だけのオーダーメイドツアー

英語のガイドとドライバー兼シェフに連れられ
今回の旅の相棒も日本が誇るTOYOTAランクル

やはり世界中で目にする四駆はトヨタが圧倒的(次に三菱かなぁ)

ソコトラ島 Socotra island

309 お迎えはTOYOTAのランクル Mayumi

まずは空港から東へ約14kmのところにある
島の首都ハディボ(HadibuあるいはHadibo)へ

想像以上に道が舗装されてて、正直驚きを隠せない
もっと未開かと思ってた…

道路はここ10年でだいぶ整備されたようです

ソコトラ島 Socotra island

310 一応、首都ハディボまでは舗装されてた Mayumi

荷台に人がたくさん乗ってる……

ソコトラ島にはタクシーやバスがなく
(厳密にはポンコツワゴンバスがあったけど)
ヒッチハイクが一般的な移動手段だそうです

小さな島なのでほとんどが顔見知り
特に何もなければ普通に乗せてあげるのがこの島のルールみたいです

ソコトラ島 Socotra island

311 トラックの荷台がタクシー代わり Mayumi

噂の第一ソコトラヤギ発見!

住民以上の数生息する噂のソコトラヤギ…これから嫌というほど遭遇します

ソコトラ島 Socotra island

312 第一ヤギ発見! Mayumi

町に近づくにつれ何故か渋滞
そして意外なほど車が多い

もちろん信号なんて近代システムは導入されてません

ソコトラ島 Socotra island

313 なぜか渋滞 Mayumi

空港から20分ほどで本日のホテルに到着

ソコトラ島にある貴重な3つのツーリストホテルのうちの一つ「ソコトラホテル」

同じ機に乗り合わせた乗客たちは、結局ほとんど同じホテルでした

ソコトラ島 Socotra island

314 ソコトラ島にある3つのツーリストホテルのうちの一つ、ソコトラホテル Mayumi

外観は比較的立派に見えるけれど
中はやっぱり凄まじいポンコツ

エレベーターなんて贅沢なものはなく階段オンリー

無駄にロビーとか部屋は広いけど
家具調度品、インフラ設備は非常に貧相

シングルベッドに小さな机
一応液晶テレビはついていたけどエアコンは故障中

たまにミニゴッキーも出没

あとで聞いたら
衝撃の1泊6000円…オイオイ

ソコトラ島 Socotra island

315 これで一泊6000円とは! Mayumi

一応シャワー&トイレ付き
しかしホットシャワーは出ない

でも便器とドアが近すぎて
ドアを閉めるにはからだを一旦くねらせて便器を跨いで閉めるしか無い
もちろん便座はない

洗面台の鏡も蛇口も壊れ気味

まぁ、これでもこの島ではいい方なんだろうな…

ソコトラ島 Socotra island

316 便器とドアの距離が狭すぎて、跨がって入らないとドアが閉まらないという…… Mayumi

一応コンセントはマルチタイプだったので充電はOK

が、そもそも昼間に急に停電するので充電はリスキー

ソコトラ島へ来る際には必ずシガーソケット用の充電チャージャーの持参をおすすめします
結構デジタル機器には生命線です
(忘れたら致命的、こっちに売ってないし)

ちなみに、ホテルWiFiはギリギリ2Gぐらいのが来ます
テキストメッセージや通知をキャッチできるレベル

あと町にSIMカードは売ってません
ソコトラ島には通信会社がないそうです
イエメン本土かUAEでしかSIMを入手できず
それもソコトラの人間がたまたま本土に出る用があって余分に購入してきたときだけ譲り受けたりするんだそう…

もしドバイに立ち寄る機会があれば、
UAEのSIMは島で電波捕捉できることもあるようなので買っておくといいかも

ソコトラ島 Socotra island

317 一応、コンセントはマルチタイプでヨカッタ Mayumi

ホテル前の様子

一応、首都の中心地ですよ、これ

彼方に見えるのはソコトラ島で一番高いハギーレ連山

ソコトラ島 Socotra island

318 ホテル前の様子、これが一応首都ハディボ Mayumi

お昼時なのでランチに誘われました

ホテルから目と鼻の先にあった、今にも崩れそうな町のレストラン

ソコトラ島 Socotra island

319 とりあえずランチへ Mayumi

ゴミあるところにはかならずいるソコトラヤギ

ヤギは道端のゴミを食べてきれいにしてくれる天然ゴミ収集車なので
野放し放題、大歓迎されてます

ソコトラ島 Socotra island

320 もはや珍しくなくなってきた住民ヤギ Mayumi

左が英語ガイドのサイーズさん、御年30才独身
右がドライバー兼コックのサラ、推定30代半ば、4人の子持ち
中央は単に彼らの知り合いでたまたま遭遇

ソコトラ島の男性の挨拶の仕方は
特に親しい間柄の人間とは握手を交わし、ハグと鼻と鼻を触れ合わせるスタイル

国が違えばいろんな流儀がある

ソコトラ島 Socotra island

321 今回お世話になる英語ガイド(左)、ドライバー(右)、彼らの友達(中央) Mayumi

本日のランチ

・「イルヘェス」という名の野菜入りのビリヤニ
・トマトとチーズベースのソース「サーワク」
・生野菜サラダ
・白身魚の単なる塩焼き

乾燥した大地のソコトラ島では野菜はほとんど育たないので
野菜や米は本土やインドからの輸入モノらしいですが

魚だけはいくらでも島で採れるので常に鮮度抜群で旨い!
しかし決して煮たり生で食べたりはせず、焼き魚か揚げ物のみ

とりあえず、全て素朴だけど
イエメン料理のオンパレードで、個人的には満足!
(お腹も全然大丈夫)

ソコトラ島 Socotra island

322 イエメン的ローカル料理のオンパレード Mayumi

自立しているのがフシギなぐらいのアンバランスボディのミネラルウォーター

ソコトラ島のドリンクはキンキンに冷えているのはありがたいんだけど
ペットボトルも缶も、なぜか底がいびつに歪んでいるものが多い……

ソコトラ島 Socotra island

323 自立してるのがふしぎなアンバランスなミネラルウォーター Mayumi

一応この辺はハディボの中心地なんですよ

何もないですけどね

ソコトラ島 Socotra island

324 ハディボの一応、中心街…… Mayumi

ソコトラ島の車のナンバープレート

やはりソコトラ島のシンボル・龍血樹(ドラゴン・ブラッド・ツリー)なんだ!
カッコイイ!

ソコトラ島 Socotra island

325 車のナンバープレートはやっぱり龍血樹!かっこいい! Mayumi

ホテルの横にあるレストランにて

くつろぐ男性とヤギ

飼いヤギもいれば野良ヤギもいる
とりあえずヤギと住民は仲良く共存しています

ソコトラ島 Socotra island

326 いつでもどこでもヤギと一緒 Mayumi

ランチを食べてホテルの部屋で一寝入りしたら
夕方から本日のプログラムのハイライト、白砂の砂丘の「デレイシャ砂丘(Deleisha Dune)」へ

ソコトラ島 Socotra island

327 食後のお散歩はデレイシャ砂丘のあるビーチへ Mayumi

波打ち際にはたくさんの水鳥やかもめたちがたむろってました

そして彼方に見えるのは本土からの巨大な物資輸送船

ビーチでは別の外国人観光客グループらが海水浴を楽しんでました

ソコトラ島 Socotra island

328 波打ち際にはたくさんのかもめや水鳥が Mayumi

もちろん近寄ると逃げるので望遠で…

かもめって港や海の上ではよく見かけるけど、ビーチでただ立ってるのって何となく珍しい気が…

ソコトラ島 Socotra island

329 彼方では別の外国人グループが海水浴していた Mayumi

足元を見ると宇宙人のミイラみたいな不気味な物体が!

まじまじと見ると、干からびたハリセンボンだった
はじめて見た

ソコトラ島 Socotra island

330 ビーチには干からびたハリセンボンの亡骸が…… Mayumi

よくよく見ると
おびただしい数の干物ハリセンボンがビーチに散らばっていた……

ソコトラ島のビーチには貝殻よりも干物ハリセンボンがよく転がってます

ソコトラ島 Socotra island

331 無数に落ちているハリセンボンの干物 Mayumi

彼は今回のソコトラ島の旅をアレンジしてくれた旅行会社「Happy Yemen Tours」のオーナー・Mr.サムさん
彼が腰に巻いているのはイエメン伝統の腰巻き「マワズ(Mawaz)」

2015年の内戦勃発前までは日本人観光客をよくガイドしていたそうです
「日本人は親切で真面目で礼儀正しいから好きだよ!」と言ってくれました
今後もできる限り日本人を相手にしたいそうです……

ソコトラ島 Socotra island

332 今回のソコトラ島旅行をアレンジしてくれたMr.サム Mayumi

岩に同化していた半透明のトカゲ

こんな色したトカゲ、はじめて見た
さすが、ソコトラ島

ソコトラ島 Socotra island

333 半透明できれいなトカゲ Mayumi

白砂の砂丘はこの潮溜まりの向こう

膝位の深さある潮溜まりだったけど、
Mr.サムが手伝ってくれて無事、潮溜まりを通過

ソコトラ島 Socotra island

334 この潮溜まりを渡って砂丘まで向かいます Mayumi

そうこうしているうちに日が暮れてきた

ソコトラ島初日の夕暮れ

ソコトラ島 Socotra island

335 日が落ちてきました Mayumi

夕暮れ時の砂丘

これはこれで印象的でキレイだったけど
できれば明るいうちに撮りたかったなぁ

ソコトラ島 Socotra island

336 夕暮れ時の白砂の砂丘 Mayumi

気の遠くなるような年月をかけて
風雨にさらされて岩壁が侵食され砂丘になったらしい

結構大きな砂丘です

ソコトラ島 Socotra island

337 結構大きい Mayumi

ソコトラ島の砂丘はみな白砂で、海に面して広がってます

代表的な砂丘は3つ、ここ「デレイシャ・ビーチ」、南部の「ザヒーク・ビーチ」、東の「アリヘル・ビーチ」です
中でも最大は「ザヒーク」です

ソコトラ島 Socotra island

338 ソコトラ島の砂丘はだいたい海に面している Mayumi

マジックアワーのソコトラ島……美しい

ソコトラ島 Socotra island

339 マジックアワーの砂丘、ソコトラ島一日目が暮れていく…… Mayumi

ホテルに戻り、
本日の夕飯タイム

今宵はホテルの横のレストランにて

地元民も多く通っているけど
半分はホテルを利用している外国人観光客ツアー御一行という感じ

ソコトラ島 Socotra island

340 今宵のディナーはホテル隣のレストランにて Mayumi

ソコトラの男性はとても気さくで陽気な人が多い
写真好きな人が多いので快く撮らせてくれる
(でもたまに嫌がられることもあるので注意)

ターバンをしている人といない人がいるけれど
ソコトラではしたいと思ったときにするものなんだそうです

なかなかゆるい戒律

ソコトラ島 Socotra island

341 基本的に男たちしか外食しない、地べたに座って和気あいあい Mayumi

Mr.サム氏とドライバーのサラ

サム氏は当然スマホを持っているけれど
サラは小さなガラケーだった

ソコトラでは今はInstagramがブームのようで
もれなくアカウント交換しました

ソコトラ島 Socotra island

342 ソコトラ島の人たちもスマホ持ってる Mayumi

今宵のディナーは

・イエメン版ホブス
・「コッソーリア」という豆カレー(ダル)
・玉ねぎ、トマト、卵の炒めもの

個人的に、イエメン版ホブスは薄くて香ばしくてほんのり小麦の甘さがあって、焼き立てはそのままでも超旨い

ソコトラ島 Socotra island

343 今宵も素朴なイエメン料理!案外旨い Mayumi

やっぱり食事には甘いミルクティー「チャイ」がつきもの
これもお気に入り♥

ソコトラ島 Socotra island

344 食後にチャイは必須だね Mayumi

大量のフライドポテトが投入された

一本がでかい!
カロリーやばい!

ソコトラ島 Socotra island

345 大量のフライドポテト…カロリーやばい Mayumi

おこぼれに与ろうとウロウロするヤギ

食べもののあるところ、かならず近寄ってきます

ちなみに、ソコトラ島には犬はいません
猫はごくごくたまにいる

犬猫の代わりにヤギが無数にのさばっているって感じ

ソコトラ島 Socotra island

346 他の外国人グループにおこぼれに与ろうとするヤギ Mayumi

宿に貼られていたポスター

初日はまともにボトルツリーも
龍血樹は見られなかったので、いよいよ明日、正式にご対面!

夢が叶う!

ソコトラ島 Socotra island

347 宿に貼られていたソコトラ島ポスター!明日とうとうご対面! Mayumi

食後にホテル周辺を散策

治安はいいとはいっていたけど
基本外国人女性ひとりが夜あまりふらふらしないでね、と注意はされていたので

とりあえず、ホテルの道向に合ったモスクを散策

でも礼拝は男性しかおらず、アジア人の顔は異常に目立って、
男性に囲まれ「チャイニーズか?チャイニーズなのか?!」と詰め寄られたので
写真も撮らず逃げるように立ち去ってしまった

ソコトラ島 Socotra island

348 食後、一人でブラブラ、お隣のモスクへ Mayumi

モスクの道向にあった電気屋

電線とかワイヤー、電球などをたくさん売っていた

なんだろう、この中途半端なクリスマスツリーの電飾みたいなのは

ソコトラ島 Socotra island

349 ホテル向かいにあった電気屋さん Mayumi

ホテル前の夜の様子

街明かりがわびしい

ソコトラ島 Socotra island

350 夜のソコトラ島の街明かり Mayumi

というわけで初日終了

いよいよ明日からキャンプ生活が始まります!

終わり

第二日目セイユン編に戻る

第三日目ディクサム台地 前編へ

 

<関連記事>

 

<ソコトラ島 Socotora Islands Location Map>

Google Map 動かせます。適当に拡大縮小してください

 

第二日目セイユン編に戻る

第三日目ディクサム台地 前編へ

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA