魔法の川「エンチャンテッド・リバー」再訪の旅~こんなところに日本人 後編 Hinatuan, Philippines

【訪問時期 Visited Date】2019/4/4
【訪問場所 Visited Site】エンチャンテッド・リバー Enchanted Rivier, Hinatuan, Mindanao, Philippines
※文中の料金等は2019年4月現在のものです
———–

前編の内容はこちら

エンチャンテッド・リバー訪問記 前編はこちら

エンチャンテッド・リバーを心ゆくまで堪能したあとは
いよいよ日本人がいらっしゃるという日本食レストランへLet’s GO!

エンチャンテッド・リバーの奥にあった桟橋へ向かい
受付のおばちゃんに「White Blue Resort」までの運賃100ペソを支払う

案内されたバンカーボートに乗りこみ、いざ出発

044 いよいよ日本人がいるというWhite Blue resort へ

044 いよいよ日本人がいるというWhite Blue Resortへ Mayumi

と思ったら、
あっという間に着いた
正味3分ぐらい

そんなに近かったのか…

045 わずか3分程度で到着

045 わずか3分程度で到着 Mayumi

ニモの世界観を感じるファンシーな壁画でお出迎え

バナナボートとかカヤックとか
マリンスポーツ器具があるね

でもお客さん誰もいない、あれれ

046 White Blue Resortに上陸!

046 White Blue Resortに上陸! Mayumi

カウンターに近づいてみた

確かに日本食メニューのオンパレード!

しかも、和食というより
どちらかというと日本の洋食メニューというか
日本の誰もが喜ぶ家庭的メニューが多い

047 ジャパニーズメニューがびっしり!美味しそう!

047 ジャパニーズメニューがびっしり!美味しそう! Mayumi

▼こちらがメニュー一覧

たとえば

お好み焼き(P150)、トンカツ(P200)、ハンバーグ(P180)、魚フライ(P150)、ラーメン(P220)、カツカレー(P280)、かっぱ巻きほか(P200)、太巻き(P240)、焼きそば(P180)、焼肉セット(P300)、コロッケ(P100)、冷奴(P150)、いなり寿司(P150)、かき揚げ(P220)、揚げ出し豆腐(P220)鶏のから揚げ(P150)etc…

もちろんフィリピンフード定番のパンシットカントンとかアドボとかもあるよ!

画像をクリックしたらPDFが開きます。拡大して見てね!

フィリピン エンチャンテッド・リバー Philippines Enchanted River White Blue Resort Menu

White Blue Resortのメニューラインナップ Mayumi

水上コテージなのでテーブル席は
汐風と陽射しがとても開放的で気持ちよい

048 客席は開放的!

048 客席は開放的! Mayumi

無事、「こんなところに日本人」的な唯一の日本人の方に会えました!

ここでシェフ兼レストラン運営を担当しているのは日本人女性のエイコさん

3年前の2016年にオープン
でもレストランオーナーは日本人の男性社長さんで
部下であるエイコさんがこのレストランを一任されて
食材仕入れも調理も何もかも
現地スタッフとともに切り盛りしているそうです

そもそもなぜ日本人オーナーの方が
こんな僻地に日本食レストランを開いたかと言うと
そのオーナーの従業員であるフィリピン人の方がヒナトゥアン出身で
彼へ日頃の感謝を込めてこの地に事業を興したのだとか…

素敵なハナシ。。。って

いやしかし、
正直、こんな場所に日本食レストランオープンするなんて
大胆かつ勇気ある英断だと思います
あの嗅覚鋭い中国人ですらほとんど来ないような場所なのに

わたしが2016年に書いたエンチャンテッド・リバーの記事たち▼

これらが日本人観光客増に貢献したのかとうぬぼれました
どうも日本人客はまだそうでもないそうです

力不足を痛感しました

画像をクリックしたらPDFが開きます。拡大して見てね!

フィリピン エンチャンテッド・リバー Philippines Enchanted River White Blue Resort Menu

White Blue Resortのパンフレット(汚れててスミマセン・汗) Mayumi

どれにするか決められなかったので

フィリピン人シェフのオーダーメイドで
ちょっとずついろいろ作ってくれました!

お好み焼きとコロッケ、エビのチリソース炒めとアドボ(肉じゃがみたいなフィリピン料理)
どれも、お世辞抜きに美味しかった!

エイコさんが一から日本食をレクチャーしたとか
なので、フィリピン人が作っていても“なんちゃって和食”ではなくてちゃんと日本の味!

日本で食べるような日本の味に極力近づけるよう
現地の食材や調味料にこだわって
調達にもいろいろ工夫されているそうです

シーフードはさすがに海が目の前なので
とにかく採れたて新鮮、
格安で漁師さんから譲ってもらうとか…

いや、ほんと、美味しいんでおすすめです!

049 適当に見繕ってもらったメニューの数々。どれも美味しかった!

049 適当に見繕ってもらったメニューの数々。日本の味がしっかり再現♪ Mayumi

マスコット犬がいた
ラブラドールの雑種みたいなメスのわんちゃん

とても人懐っこい

050 ワンちゃんが棲み着いていたヨ

050 ワンちゃんが棲み着いていたヨ Mayumi

「ねぇねぇ、なんかいいにおいするヨ、チョーダイチョーダイ!」

と、うるうるお目々で懇願されたら抗えない

もれなくわたしのアドボに入っていた肉はほぼ彼女の胃袋に入りました

051 そんな目で見つけられたら…アドボの肉はほぼ彼女の胃袋に

051 そんな目で見つけられたら… Mayumi

カウンターに売られていたヒナトゥアン特産の干物
ちょっとしょっぱいけど、カリッカリで結構ウマイ

ヒナトゥアンは漁師村なので
魚とかの干物が特産だそうです

というかフィリピン人皆、ドライフードが好きだよね
スーパーとか行くとめっちゃ干物・ドライフード種類あるし

052 ヒナトゥアンの特産品の干物

052 ヒナトゥアンの特産品の干物 Mayumi

食事が終わった後、

用事のついでということで
ご厚意でWhite Blue Resortのボートで
近隣の島を案内してくれることになりました♪

053 近隣の島を案内してくれることになりました

053 近隣の島を案内してくれることになりました Mayumi

湾岸沿いに漁師村の水上コテージがひしめいています

家というかバラックというか…
もし津波が押し寄せたらこっぱみじんだな…

054 湾岸の漁師村。水上コテージですね

054 湾岸の漁師村。水上コテージですね Mayumi

1島目のロックアイランドに到着

正式名称は「Enchanted River Rock Island Resort

★ホームページはこちら⇒「Rock Island Resort

055 まずはロックアイランドに到着

055 まずはロックアイランドに到着 Mayumi

長くて白い桟橋!
リゾート感満載ですね!

056 リゾート感満載の長い桟橋

056 リゾート感満載の長い桟橋 Mayumi

ロックアイランドの受付コテージ

057 ロックアイランド受付

057 ロックアイランド受付 Mayumi

エイコさんのお知り合いのフィリピン人が登場

金髪美人の女の人かと思ったら衝撃の「おネエ」でした

フィリピン人、意外と多いよね

058 カノウさんのご友人のおねえフィリピーノが登場

058 カノウさんのご友人のおねえフィリピーノが登場 Mayumi

かっこいい伝統建築の水上コテージ

タヒチとはまた違った味わいの上コテージで
でも上空から見るとまさにタヒチやエルニドに負けない水上コテージアイランドなんですよ

059 かっこいい水上コテージ

059 かっこいい水上コテージ Mayumi

島を囲むように続く遊歩道

060 リゾートっぽい

060 リゾートっぽい Mayumi

島の中央にある宿泊施設
ホームページを見る限りでは
二段ベッドのファミリー向けっぽい

カップルとかは水上コテージがあるのかな

061 リゾート感あふれる宿泊エリア

061 リゾート感あふれる宿泊エリア Mayumi

White Blue Resort最年少のスタッフ?
まだ小学生のサムちゃんが案内してくれました

062 サムサムちゃんが案内してくれた

062 サムサムちゃんが案内してくれた Mayumi

なんかの小屋

063 何の小屋だろう

063 何の小屋だろう Mayumi

ロックアイランドを後にし
次の目的地は「シバダン島」

正式名称は「Sibadan FISH CAGE and Resort

ここも島リゾートです

064 次なるシバダン・リゾート到着

064 次なるシバダン・リゾート到着 Mayumi

名前と看板にもある通り
この島のウリは“魚やエイたち”と一緒に泳げること

え?エイ?!

065 野生のエイとベビーシャーク、マグロと一緒に生け簀で泳げるリゾートアイランド

065 Welcome to Sibadan Fish and Cage & Resort Mayumi

これがシバダン島の天然の生け簀
ここでエイとかマグロが飼われているそうです

上からも鑑賞できるし
希望者はライフジャケット来て生け簀の中で一緒に泳げるらしい

066 ここが海の中の生け簀

066 ここが海の中の生け簀 Mayumi

階段の下に降りてみた

めっちゃエイがいる!

067 エイがウヨウヨいる!

067 エイがウヨウヨいる! Mayumi

訓練の賜物なのか
実はエイは知能がイルカ並なのか

いきなりエイが「ハロー!」と顔を出して立ち泳ぎしはじめた!!

068 「ハロー♪」って、エイが顔だした!

068 「ハロー♪」って、エイが顔だした! Mayumi

ものすっごい必死にタテに泳いでる!

069 タテに泳いでる!

069 タテに泳いでる! Mayumi

「(ばぁ♪)」

って超アップ!!

070 「ニコッ」、って近い!

070 「バァ」って近い! Mayumi

「(ニコッ♪)」

笑顔!プライスレス!

071 「(笑顔)」近い!

071 「(スマイル♪)」 Mayumi

自ら台の上に乗っかってくれる

イルカかアシカかアザラシかシャチかってぐらい
賢いな~

072 飛び込み台に自ら乗っかってくれる賢いエイ

072 飛び込み台に自ら乗っかってくれる賢いエイ Mayumi

もちろん触らせてくれる

「ヒャッ!」ザラザラしてた!

073 触らせてくれる人懐こいエイ。飼いならされてるな~

073 触らせてくれる人懐こいエイ。飼いならされてるな~ Mayumi

少し離れたところには
ベビーシャークが飼われていた

ベビーシャークは比較的おとなしいサメの一種だから一緒に泳げるのかもね

わかっててもちょっと怖いね

074 コチラはベビーシャークの生け簀。一緒に泳げるらしい

074 コチラはベビーシャークの生け簀。一緒に泳げるらしい Mayumi

シバダン島でエイとしばし戯れた後は
ビーチがきれいだという島へ移動

そこからカヌーに乗り換えて島周辺を案内してくれた
ちょっとしたジャングルクルーズ

左手にクレーンがある
何か施設を建設中なのかな

075 カヌーで近隣を案内してくれた

075 カヌーで近隣を案内してくれた Mayumi

豊かなマングローブ林
いいねぇ

076 マングローブ林

076 マングローブ林 Mayumi

このへん浅瀬で海、超きれい
汐風と眺めもサイコー

077 浅瀬でキレイ

077 浅瀬でキレイ Mayumi

これ以上行くと帰りが大変そうだったので
(ずっと後ろで一人で漕がせてた)

引き返してもらった

果てしないジャングルクルーズ

078 そろそろ引き返そうか…

078 そろそろ引き返そうか… Mayumi

戻る途中にあった小屋
なんか養殖してるのかな

079 何かの養殖小屋だろうか

079 何かの養殖小屋だろうか Mayumi

島に無事戻ってきた
ホッ

080 戻ってきた

080 戻ってきた Mayumi

このあとはWhite Blue Resortに戻ってきて
スタッフの皆様を記念撮影させてもらいました
(掲載許可済み)

みんな超親切でラブリーでいい人たちでした♪

081 White Blue Resortの皆様で記念撮影

081 White Blue Resortの皆様で記念撮影 Mayumi


 

エンチャンテッド・リバー訪問の際はぜひ「White Blue Resort」に寄って「こんなところに日本人!」と「こんなところで本格日本料理?!」の衝撃を味わってみてください

ちなみに、レストランだけじゃなくて
チューブ・バナナボート
スキューバダイビング(夏シーズンは近海で野生のジュゴンやイルカを見られるそうです)
アイランドホッピング(今回のような感じ)
シー・カヤック
シュノーケリング

などマリンアクティビティももれなく楽しめるそうです

わたしは今度は野生のジュゴンに会いに出かけたいと思います♪

終わり

ご清聴ありがとうございました



<関連記事・旅行記>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA