埼玉秩父の定峰峠に謎のジブリ苔アート! Saitama, Japan

【訪問時期 Visited Date】2018/12/27
【訪問場所 Visited Site】定峰峠 Sadamine Pass, East Chichibu village, Saitama pref, Japan
※文中の料金等は2018年12月現在のものです
———–

Twitterで偶然知ったのは12月24日頃

たまたまタイムラインで流れてきた
おそろしくバズっているツィートの画像を見てびっくり

なんと、埼玉の秩父の方に、
作者未詳でいつから描かれているかわからない
謎のジブリ苔アートがあると!

しかもトトロもいてシシ神もいてロボット兵もいる!
そのクオリティがスゴイ!
まさにジブリワールド!

これはジブリファンとしては看過できないとさっそく車を走らせ訪れてみました!

<定峰峠 所在地 Sadamine Pass Location Map>

東秩父村と秩父市の間の定峰(さだみね)峠にあります
クリックしたらGoogle Mapに飛びます

 

<定峰峠詳細マップ Sadamine Pass detail Map>

白石車庫から橋を渡り、約400mほど進むと1つ目のキキ&ジジに遭遇
以降、約500mに渡ってキャラクターが描かれています

クリックしたらGoogle Mapに飛びます

埼玉秩父 定峰峠のジブリ苔アートMAPPING

定峰峠のジブリ苔アートMAP by Google Map

定峰峠は埼玉県道11号線上に位置します

車の場合は、
カーナビ設定は「定峰峠」あるいは「定峰峠の鬼うどん」で

まぁ、個人的には鬼うどんの方がピンポイントで確実

この橋を渡った先です

県道11号線・定峰峠への入口

001 県道11号線・定峰峠への入口 Mayumi

バスで来る場合は
東武東上線小川町駅あるいは寄居駅からイーグルバスに乗り
終点「白石車庫」を目指します

★参考:イールグルバス Eagle Bus「東秩父路線」

白石車庫バス停留所

002 白石車庫バス停留所 Mayumi

東秩父って「和紙の里」なんだ
そんな事も知らなかった…

何がきっかけになって地域おこしになるかわからないですねぇ…

「和紙の里 東秩父村」案内地図

003「和紙の里 東秩父村」案内地図 Mayumi

山々に囲まれた奥秩父だけに
この辺りは実はトレッキングの宝庫

ここからは大霧山・定峰峠コースが楽しめるようです

年末の平日だったからか、さすがに誰もいなかったけどね

★参考:東武沿線お出かけ情報「大霧山・定峰峠コース

「大霧山へ登る道」の入口の東屋

004 「大霧山へ登る道」の入口の東屋 Mayumi

白石車庫にあった風情ある赤い小さなポスト
あぁ、田舎って感じ
(というかうちの近所にもある・汗)

こんなところまで郵便物を回収しに来る郵便屋さんスゴイ

埼玉県 定峰峠 ジブリ苔アート Saitama pref, Sadamine-Pass, Moss arts of Studio Ghibri

005 こんなところにも小さなポストが Mayumi

さて、いよいよ定峰峠に向かいますよ~

これが「頭文字D(イニシャルD)」の走り屋の聖地「定峰峠」
確かに狭くてカーブが多くて危険な峠

というか、

正直、漫画読んだこと無くてスミマセン(汗)
幼少期は少女漫画に没頭していたので…

とはいえ、さすがにタイトルぐらいは知っている

定峰峠

006 いよいよ定峰峠ドライブスタート Mayumi

なるほど単車(バイク)が多い

と思っていたら
白石車庫からほんの300m過ぎた辺りから
突然キキが現れた!

これか!

左手にキキが見えてきた!

007 左手の塀にキキ出現! Mayumi

あまりに唐突で1度スルーしてしまった
車を安全なところに駐め引き返してきた

丁寧に削ってるなぁ
でも、キキのリボンと髪の毛の表現は難しかったのかな?

第一のキャラクター「キキ&ジジ」

008 「魔女の宅急便」のキキ&ジジ Mayumi

キキが描かれたところから
わずか100mも行かないぐらいのところに
今度はシシ神現る!

次に現れたのはシシ神!

009 シシ神登場! Mayumi

言わずと知れた「もののけ姫」のシシ神

かなりの大作で
高さ2m以上、横幅3mぐらいあったと思う

この表現力、圧倒されるね

大作のシシ神

010 大作のシシ神 Mayumi

近づいてみた

あんな高いところまで丁寧に削ってる
身長高い人だったのかな

緻密な作業

011 緻密な作業 Mayumi

ここの塀にはびこる苔はかなり根がしっかり張っていて、何より硬い
よくある湿った苔とはわけが違う

こんな硬い苔をキャンバスにして
よくこんなにうまく輪郭とか背景削れたなぁと感服

芸が細かいなぁ

012 職人技 Mayumi

シシ神からカーブを曲がり
100mも進むとドライブインに到着

正確にはかつてのドライブインで
今は「定峰峠の鬼うどん」といううどん屋さんしかない

そしてここぐらいしか駐車場ないので
ここに車を駐めさせてもらって歩くのがベスト

たまに路側帯が広いところもあるけれど
たいてい先客がいるので確保が難しい

定峰峠の鬼うどんに到着

013 「定峰峠の鬼うどん」に到着 Mayumi

鬼うどんはあとに立ち寄るとして、次々

鬼うどんの場所から峠を回り込むこと約100m

ネットで見かけたトトロらが見えてきた!

あれ?なんか横に余計な落書きもあるけれども…こういう人の神経がわからん

トトロがいた!

014 トトロ発見! Mayumi

いいですねぇ、雰囲気出てる
トトロワールドですね

あのシーンのトトロだ!

015 あの名シーンが思い浮かぶ Mayumi

よく見ると
近くにこだまもいるよ!

こだまがひょっこりいた

016 こだまがひょっこりいた Mayumi

反射板の下に小さなこだまが…

コラ、だれがアンパンマン描いた!
アンパンマンに罪はないけど
案外うまいけど
ちょっといただけないなー

ここにもこだまが…で隣に誰かのアンパンマン落書きも

017 ここにもこだまが…隣にアンパンマン落書きも Mayumi

まっくろくろすけの集団がいた

ちびトトロもいる
芸が細かいなぁ

まっくろくろすけと小トトロたち

018 まっくろくろすけとちびトトロたち Mayumi

そして今度は八百万の神様たち

「千と千尋の神隠し」エリアです

八百万の神様たちとロボット兵

019 八百万の神様たちとロボット兵が見えてきた Mayumi

ヒヨコの神様・オオトリ様と
春日大社の神様・春日様

オオトリ様は若干バランス崩れているけど
春日様は仕事丁寧だなぁ、似てる

オオトリ様と春日様御一行

020 オオトリ様と春日様御一行 Mayumi

そして少し離れたカオナシ

カオナシは描きやすそうだよね

カオナシは書きやすそう

021 カオナシは描きやすそう Mayumi

しばらく離れたところに今度は「天空の城ラピュタ」のロボット兵

あるいは天空庭園に一台残された園丁ロボットか

足元の花が哀愁をそそる…

ラピュタファンにとってはこの画が一番うれしい

園丁のロボットかな?

022 園丁のロボットかな? Mayumi

年末の平日にもかかわらず

Twitterの拡散効果と
フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」効果で

思った以上に観光客が集まっていた
もう休みに入ったであろうお子様連れの家族や学生さんが多い印象

バイカーもサイクリストも車も、皆立ち止まって撮影していた

なので車もバイクもかなりゆっくり走らないと危険

ある車なんて通り過ぎたと思ったらイキナリバックして車内から撮影してた、チョー危険運転

で、

ひとしきり撮影を楽しんだあとは
再び定峰峠の鬼うどんに戻ってきた

16時まで営業
でも麺が売切れ次第閉店というスタイル

このときすでに15時過ぎていて開いていたので運が良かったらしい
土日祝日は走り屋さんやサイクリストさんらで混むらしい

定峰峠の鬼うどん外観

023 定峰峠の鬼うどんの店の外観 Mayumi

名物は「きんぴら辛味うどん」

「何がおすすめですか?」とおかみさんに尋ねたら

「ここを訪れるお客さんのほぼ9割がこのきんぴら辛味うどんなんですよ」

ということだったので
迷うことなくきんぴら辛味うどんをチョイス

1200円で安くはないけど食後のコーヒー付き

名物は「きんぴら辛味鬼うどん」

024 名物は「きんぴら辛味鬼うどん」 Mayumi

会計のところにあった
鬼に抱かれる、まさに「鬼」夫婦

鬼のように仲睦まじいなぁ

鬼に抱かれた「鬼」夫婦

025 鬼に抱かれた「鬼」夫婦 Mayumi

外観も味があるけど
インテリアも味がある昭和レトロなこの雰囲気

演歌のポスターが多いけどファンなのかな

店内の様子

026 店内の様子 Mayumi

店内には店主が集めたビンテージもののカメラや
車やバイクの模型がショーケースに陳列されている

ビンテージもののカメラ勢揃い

027 ビンテージもののカメラ勢揃い Mayumi

鬼の面はわかるけれど
なぜ将棋の駒?

ちなみに、何でそもそも“鬼”なのかと尋ねたら

30年以上前、まだここが定峰ロッジだったとき
一度、ガラの悪い走り屋さんたちの影響でロッジが廃業し
うどんだけでやり直した時
定峰のうどんが評判を呼んで
いつのまにか北関東うどん協会の“横綱”に認定されるまでになり

いつまでも定峰のうどんでは味気ないので
その協会の会長さんが「鬼うどん」はどうかと
命名してくれたんだそう

なので
「鬼」ほどうどんのコシがあるとか
「鬼」にまつわる伝説が実はこの地に眠っているとか
そういうことではないらしい

巨大な将棋の駒と鬼たち

028 鬼のお面と巨大な将棋の駒 Mayumi

最近ではテレビの取材も多く

NHK「鶴瓶の家族に乾杯」で鶴瓶師匠が取材に来たり
フジテレビ「めざましテレビ」が取材に来たり
テレビ埼玉も来ているんですね

東秩父にこんな話題のうどん屋さんがあるなんて
同じ埼玉県民なのに知らなかった~

鶴瓶師匠とテレビ埼玉来た!

029 家族に乾杯とテレビ埼玉来た! Mayumi

2004年に定峰峠の鬼うどんが登場した「頭文字D」の単行本が発刊されて以来、
作者のしげの秀一氏をはじめ
多くの走り屋のファンが詰めかけ
オフ会など開かれているらしい

店主が写真好きなので
来店客をずっと撮ってアルバムにしているそうだ

座敷の端っこにアルバムコーナーがあるので見せてもらった

みんないい車に乗ってますねぇ

「頭文字D」のファンで当店を訪れた歴代アルバム

030 「頭文字D」のファンの来店客を撮影した歴代アルバム Mayumi

これが噂の
鬼うどんが登場したという「頭文字D」22巻

見せてもらった

噂の「頭文字D」22巻に鬼うどんが登場している

031 噂の鬼うどんが登場している「頭文字D」22巻 Mayumi

ほんとだ、147ページに登場している
すごい!

146ページに確かに登場している!

032 147ページに確かに登場している! Mayumi

たまたま入ったお手洗い

もともと和式だったのを改装して洋式にした感じですが
扉だけ何故かちょっと乙女なメルヘンチック

可愛らしい形したトイレのドア

033 可愛らしい形したトイレのドア Mayumi

テーブルの上
さりげなく置かれた青竹が涼やか

テーブルにさり気なく添えられている草木も風流

034 テーブルにさり気なく置かれた草木も風流 Mayumi

メニュー冒頭に描かれたIntroduction

ここでいう「鬼」はやはり店主夫妻のことなんですね

「鬼はいつでも定峰峠で待っている」

035 「鬼はいつでも定峰峠で待っている」 Mayumi

シンプルなつけめんもある(1200円)

つけめん(1200円)

036 つけめん(1200円) Mayumi

鴨すき鍋も名物らしい
複数で来ていたら、食べてみたかったな

鴨鍋

037 鴨すき鍋 Mayumi

メニューの最後の方には寄せ書きを書き込めるページが有り
多くのファンが愛のあるメッセージをしたためていた

愛されてますねぇ
そりゃ、30年以上も続く名店ですもんね

鬼うどんファンによる寄せ書き

038 鬼うどんファンによる熱い寄せ書き Mayumi

きんぴら辛味うどんの温かいのを選択してしまったからか
オーダーして20分ほどかかり
ようやく鬼うどんが運ばれてきた!

結構ボリューミィ
そしてごぼうと人参のキンピラがピリ辛なのに
柚子の薬味が乗っかった大根おろしと
ダシがきいた甘めの醤油ベースのスープが程よくバランスを保ち
旨し

ただ煮込まれたからか、鬼のようなコシは感じられず
気持ちやわらかめ

色んな人が「コシが有る麺」とコメントしていたので
「アレ?」という感じでした
ぶっかけの冷だったらコシあったのかな

いやでも、これはこれでとっても美味しかったです
ハマる人が続出するのが分かりますよ

名物「きんぴら辛味鬼うどん」(温かい)

039 名物「きんぴら辛味鬼うどん」(温かい) Mayumi

食後にいただいたセットのコーヒー

ここは飲用の水にも定評があり
確かに東秩父村の麓では湧き水場があったので
美味しい湧き水があるんでしょうね

食後のコーヒー

040 食後のコーヒー Mayumi

お会計の際に
ご厚意で名刺と鬼ステッカーを一枚もらいました!

今ではオリジナルのステッカーを
希望に応じて無料で一人1枚、差し上げているそうです

店主夫妻はお話し好きでとても人当たりよくいい感じでした
ありがとうございました~

埼玉県 定いただいた鬼うどんオリジナルの鬼ステッカーと名刺 Oni-Udon's sticker and bussiness card

いただいた鬼うどんオリジナルの鬼ステッカーと名刺 Mayumi

わたしが訪れた午後14時頃は
さすがに日が傾いていて陰が多く撮影には不向き

なので順光で撮りたかったら
やっぱり午前中か午後早くが良いと思います

ただ気になるのは
有名になればなるほど、心無い落書きが増えていること

ここは公道なので塀も公共物だと考えると
ジブリ苔アートが役場から依頼されたものでない限り
これだけ特別視するのはお門違いなのですが

とはいえこれだけ多くの人がこれを見に詰めかけるような一大スポットになったので
訪れた人の期待を裏切るような
心無い無意味な自己アピールの落書きはいかがなものかと感じます

いつまでこれが維持されるのかは分かりませんが
せっかく誰かが時間をかけて丹精込めて作ってくれた苔アート

ぜひ東秩父の大事な観光スポットとしてこれからも保存してほしいですねぇ

終わり



One thought on “埼玉秩父の定峰峠に謎のジブリ苔アート! Saitama, Japan

  1. 中田悠貴

    突然のご連絡失礼致します。
    TBSテレビ「ジョブチューン」という番組を担当しております中田と申します。

    この度、番組企画で「埼玉の名所」として苔アートを紹介させていただく可能性があり、このブログの写真をお借りできないかと思いご連絡させていただきました。

    確定ではないのですが、ご使用の許可を頂ければ幸いです。
    大変恐縮ではございますがご協力の程、宜しくお願い致します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA