高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

地球絶景紀行!仙人の棲む奇岩の森・武陵源風景区~天門山山風景区編



【訪問時期 Visited Date】2017/10/21
【訪問場所 Visited Site】中国湖南省張家界天門山風景区 Tienmen-shan Scenic Area, Zhangjiajie,Hunan,China

※ページ末尾にロケーションマップと園内マップ添付してます。ご参考まで
——–

2012年、はじめて張家界を訪れたときは
今だから語れる
あの反日運動激化で中国が荒れに荒れた真っただ中

そんな深刻な事態になっていると露知らず
張家界は日本人少ないなぁなんて
のんきに思っていたことが今では懐かしい想い出

前回はたった1日で武陵源袁家界と
天子山を周る余裕のないスケジュールでしたが
今回は3日の余裕をもって

・「張家界大峡谷にある世界最長ガラスの吊り橋」
・「天門山風景区」
・「武陵源にある空中田園」

が最大ミッション

というわけで最初のミッション
張家界の町中からスタートするという
「天門山風景区」へ出発

チケット購入にはパスポート必須
忘れないようにしましょう


前回来たときは
「なんだあのロープーウェー」
なんて思っていたのですが
まさか天門山につながっているとは

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

張家界の町中を走るロープーウェー Photo by Mayumi

「天門山索道(ロープーウェー)」乗り場へは
張家界駅から徒歩圏内
距離にして約1km
わたしは駅近くの宿から15分弱で到着

何かのスタジアムかと思ったら
ロープーウェー乗り場だった
中国の施設は無駄に巨大化、大袈裟につくる傾向にある
(そして施設内は決して効率的ではない)

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

町のど真ん中にある天門山索道(ロープーウェー)乗り場 Photo by Mayumi

チケット売り場に到着したのは14時過ぎ
平日の真昼間だけれど結構人はいる
学生さんが多い印象

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

チケット売場 Photo by Mayumi

詳細は不明ですが
天門山への入場には2パターンあり

  • 【A線(索道上山、公路下山)】
     ┗ ロープウェーでまず入山、帰りはシャトルバスで下山
  • 【B線(公路上山、索道下山)】
     ┗ シャトルバスでまず入山、帰りはロープウェーで下山

運賃はともに258元+保険代3元=合計261元!(2017年10月現在)

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

A線の入場チケットと保険支払い済み証明書

張家界の中でダントツ高いです
世界最長ロープウェー作った代償でしょうか

とりあえず、
チケット購入の際
A線(ロープーウェーが先)にするかB線(バスが先)にするか決めなければなりません

受付のお姉さんは英語できません
説明求めても眉をひそめて困惑気味

なのでパスポートを見せると
おもむろに英語の案内ペーパー見せてくれます
でも後ろに人も大勢並んでいるので
事前に決めておく方が無難

ちなみに入園締切は16時というのが公式ですが
乗車口の締切は15時半だったと思います

それ以降乗っても到着までに時間がかかり
大して観光できないからでしょう
リミットがあるので訪問の際はご注意を

<参考情報>
張家界大峡谷公式サイト(中国語)・・・武陵源にある張家界大峡谷入場券のオンライン予約サイト。なぜか天門山入場券も同時に予約可能。予約は無理だが、チケット概要は詳細(中国語分からなくても漢字でなんとなくわかる)
中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

A線乗り場。B線(バス)乗り場はこの左 Photo by Mayumi

建物外から行列に並び
建物内に入っても迷路のような通路の行列に並び

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

中国の施設は行列用の鉄パイプが多い Photo by Mayumi

途中荷物検査のセキュリティチェック
パスポートと入場券チェックを経て

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

午後15時過ぎにしてまだこの行列 Photo by Mayumi

入場してからようやく50分後
ロープウェー乗車口に到着
当然相乗り
最大8人まで

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

当然相乗りです Photo by Mayumi


天門山索道(ロープウェー)は
中国が威信をかけて作り上げた
世界最長のロープウェー


全長 7455m
高度 1279m
2005年5月完工

スポーツ選手がオリンピック金メダルを目指すように
作るからには世界一!になってしまうんでしょうか
日本はどっちかっていうと「ナンバーワンよりオンリーワン」ですが

中国は格別そこへの強い執着、執念を感じます
そのための犠牲は惜しまない感じ

このとてつもない驚異のロープウェー
工事犠牲者たくさんいると思います

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

町中の頭上を渡ります Photo by Mayumi

ロープウェーの中では
中国語と英語で
ロープウェーの概要アナウンスが
交互に流れているのですが

しばらくしたら突如音楽に切り替わり
それがなんと

ラピュタのテーマ「君をのせて」!?

壮大な景色と相まって
ラピュタファンとしては涙でそうでした

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

とんでもないところにロープーウェー作った中国に脱帽 Photo by Mayumi

ロープウェーのちょうど真ん中あたりで
「索道中站」という駅を通過

誰が降りるのか
間違って降りたら悲惨

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

なぜか途中にある索道中駅。当然、誰も降りない Photo by Mayumi

だんだんシャトルバスが走る山肌が見えてきました

というか

あの蛇行する山道を走るバスもすごいけど
道路を作った人もものすごい

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

おそろしいほど蛇行する山道 Photo by Mayumi

神々しい天門山の頂
BGMにラピュタの音楽

すばらしいマッチング

でも正直、外野がうるさい
(皆大きな声でしゃべり過ぎ)

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

神々しいまでの山頂 Photo by Mayumi

天門山名物の一つ
「曲道通天」
山肌の急斜面に無理やり作った

城砦のようなワイディングロード
そこにギャグのように列を為すシャトルバス
異様な光景

運転技術が試されますね

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

天門山名物の蛇行道路 Photo by Mayumi

ふと横を見ると
とてつもなく長くて細いハシゴが垂直断崖に!

何のため?
ロッククライミング?
何かの作業?

文字通り、“天国へのハシゴ”のよう

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

まさか、あの梯子を上る人がいるのか?! Photo by Mayumi


ロープウェーの乗車時間はおおむね25分

無事山頂に到着すると
こんな巨大広告が目に飛び込んだ

どうも天門山はムササビスポーツの聖地となっていて
毎年世界大会が行われている模様

よりスリルを味わいたい人は
命綱がない分、バンジーよりも楽しめると思います

<参考記事>
FLYMEDIA BLOG「ムササビ男たちが宙を飛ぶ!! 世界大会」(2017/09/14配信)

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

天門山はムササビスポーツのメッカらしい Photo by Mayumi

到着したときはすでに16時近く
天門山の下山リミットは17時半ぐらい

10月のこの時期、
日が暮れるのは17時近く

本当は恐怖のガラスの桟道
「鬼谷桟道」に行きたかったのですが

時間の都合で天門洞直行を選びました

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

ロープウェー乗り場前の広場 Photo by Mayumi

崖に遊歩道を渡すのは
中国はお手の物

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

崖に沿ってすごい遊歩道が続く Photo by Mayumi

何度見ても
あんなところにどーやってロープウェーを渡したのか

想像を超える労力に頭が下がります

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

凄すぎる・・・ Photo by Mayumi

遊歩道の途中にあった
珙桐園(きょうとうえん)

もっと早く着いていたら
ピクニックエリアにいいです

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

珙桐園 子供が隠れています Photo by Mayumi

中国の観光地の売店やトイレは
自然との調和をはかるためか
気質としてそういうものが好きなのか
こんな大仰なものを建てたりする

外観は大きいのに
使われている部分はほんのちょっとという
無駄が多すぎる

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

売店の外観 Photo by Mayumi

珙桐園を過ぎると
また広場に出る

とりあえず天門洞に続く
エレベータ乗り場を目指す

とんでもない高さに遊歩道が渡され
そこでも行列

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

天門洞へのエスカレータまでの遊歩道 Photo by Mayumi

武陵源ほどではないですが
ここもれっきとした世界遺産の一角

雄大なカルスト地形の絶景が広がります

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

武陵源ほどではないけれどカルスト地形が絶景 Photo by Mayumi

ちょっと分かりにくいですが
右下の窪みに天門洞が存在します

999段の恐怖階段も見えますね

いよいよ近づいてきました

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

右下のくぼみに天門洞が Photo by Mayumi

ようやくエスカレータ乗り場に到着

一人一列の細いエスカレータ

東京メトロ永田町駅か大江戸線か?!ってぐらい
どこまでも長いエスカレータ

確か5回ぐらい乗り継ぎます

余りに時間もかかるので
座る人まで出てきた
(気持ちはわかる)

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

長い長いエスカレータ。座る人も Photo by Mayumi

長いエスカレータが終わると
今度はウネウネと崖に渡された遊歩道を行く

これうっかりすると
「入口こっち」の案内板に流されて
またエスカレータ乗り場に逆戻ってしまうので注意が必要
(↑間違えた)

とりあえずまっすぐ進みましょう

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

天門洞までの遊歩道

ほんとにこっち?
と疑いつつまっすぐ行くと

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

もうひといき Photo by Mayumi


突然その時は訪れます

急に視界が開けて人が集まっているので
何かなぁと頭上を見上げると

そこは天門洞の真下!

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

天門洞の真下! Photo By Mayumi

正確には柵と透明ガラスの屋根が設けられているので
真下ではないのですがほぼ真下

こうしてみると
天然の橋(ブリッジ)みたいになってるんですねぇ

圧巻

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

洞は天然のブリッジみたいになってますね Photo by Mayumi

なんというか
スケールでかすぎてやっぱり中国すごい

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

すごい Photo by Mayumi

天門洞の正面に向かいます

このために岩くり抜いたんでしょうか
やること大胆、だから中国

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

洞窟を抜ける Photo by Mayumi

天門洞の正面に出ました

そしてこれが
天門山名物の一つ
魔の999階段「上天梯」
またの名を「天国の階段」

傾斜45度あるこの階段
急斜面はおろか
段差と幅が狭いので
微妙に歩きずらい

中国の山では
得てしてこういう急こう配の階段が多い
万里の長城然り、崋山然り
怖いもの好きで命知らずの中国人
好き好んで作っている印象

バランス崩してつまずいたりしたら
間違いなくすってんころりん
滑落ダメージがっちり大怪我

行きでバスを選んだB線利用者は
この魔の階段999段登り切らんといかんのです

最初からギブする人には
もれなくエスカレータもあるのでご安心を

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

これが噂の999階段 Photo by Mayumi

洞穴の下は
何やら工事中でした

今年の春には階段工事で
登ることができなかったようです

しかし
おそらく工事関係者
ヘルメットもしてなかった
どうなの?

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

ものすごい勾配から天門洞を見上げる Photo by Mayumi

階段の途中には
両サイド計5ヵ所展望台があります

若干草木が邪魔ですが
そこでゆっくり三脚立てて写真撮影できます

案内板によると
それぞれに富とか幸福にちなんだ意味があるのだとか
(階段にも99の意味があるとか)

そうそう、天門同名物
「天門吐霧(てんもんとむ)」
雲や霧が発生しやすい条件のときだけ見られる
まるで神の口(天門洞)から気が吐かれるみたいな
凄まじく神秘的な光景

あれ、見たかった
気象条件が揃わないと見られんのです

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

展望台から Photo by Mayumi

ちょうど半分ぐらいまで来た感じ

両サイドには手すりがあります

どっちかというと
中央の広い階段は上り
両サイドの狭い階段は下り
といった棲み分け

でももう閉園間際なので人もまばら

中央で、ほっほっほっと
リズミカルに降りました
中途半端にゆっくり降りる方が怖いのです

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

段差も中途半端に狭い Photo by Mayumi

あの洞もすごいけど
周りの断崖もすごいな

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

凄い絶景! Photo by Mayumi

シルクのような美しい滝が
山肌を伝っていました

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

美しい滝が Photo by Mayumi

ようやく最下段に到着
やはり膝の負担は否めない
若干膝の震えを感じます

「天門聖境」
まさに

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

ようやく最下段に到着 Photo by Mayumi

観光地名物
写真撮影サービス
どんな合成をしてくれるのか

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

写真撮影サービス Photo by Mayumi

天門洞のお膝元には
お土産物屋とレストランエリアが

でもさすがに店じまい中

ちなみに中央には
ガラスの床が敷き詰められています
残念ながら透明度が悪くよく見えない

それにしても中国人は
呆れるほどガラス張り好き

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

お土産・レストランエリア Photo by Mayumi

中央の小屋みたいなのが
専用シャトルバス乗り場
下山する人はあそこに並びます
すでにうんざりするほど凄い行列が並んでる

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

専用シャトルバス乗り場 Photo by Mayumi

上天梯の碑の前で

大きな壁があると
必ずタイトルと漢詩がセットで刻まれるのは
中国観光地のあるある

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

上天梯の碑 Photo by Mayumi

改めてみると
凄い迫力

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

天門洞を左からのぞむ Photo by Mayumi

こちらがエレベータ
片道32元也

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

体力に自信のない人はこちらのエレベータで Photo by Mayumi

こちらからの角度の方が
写真映えするかもしれないですね

気を吐くところ
見たかったな

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

こちら側からの角度の方が有名かも Photo by Mayumi

バスに並んでいたとき
天門山の頂から
まるで気を吐くような渦を巻く雲が!

なんだか異様な光景でしたが
しばらくしたら消えました

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

山のてっぺんから気を吐くような雲が Photo by Mayumi

バスの行列に並んでいる間に
日が暮れ始め
天門洞に灯りがともる

おそらく工事関係者が作業するのでしょう

なんだか「天門」というより「羅生門」みたい
魑魅魍魎が湧き出しそう(ゾッ)

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

天門洞に灯りがついた Photo by Mayumi

ようやくバスに乗り込む

あのロープウェーから見下ろしてた
蛇のようにウネウネした
凄まじいワイディングロードを下ってます

結構大きなバスなのに
運転手はさすがの技術
安定のドライビング

そして車内にはちゃんと速度が表示されます
スピード出し過ぎたら乗客が指摘でもするんでしょうか

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

バス車内には速度を示すメーター表示が Photo by Mayumi

これで一気に天門山索道の乗り場まで
降りきるのかと思いきや
中腹のパーキングで別のミニバスに乗換

回転は速いのですが
再びの行列
辺りは真っ暗になり
天門洞の口がますます真っ赤になっていましたが

手振れが激しすぎて撮れませんでした
残念

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

中腹のパーキングで別のシャトルバスに乗換 Photo by Mayumi

バスを乗り換えてさらに走ること約30分

ようやく張家界市内の
天門山索道に戻ってきました
時すでに18時50分

降り場には公衆トイレ(無料)があるのでありがたい

そうして
来た道を戻り夕食をテイクアウトして宿に戻りました

天門山もまた本来一日がかりですね
午後過ぎてから行くもんじゃないです
鬼谷桟道行けなかったし

午前からの利用をおすすめします

中国 張家界 天門山 China Zhangjiajie Tienmenshan

約1時間後天門山索道乗り場に無事下山完了 Photo by Mayumi

長々とお付き合いいただき
ご清聴、ありがとうございました

【天門山の所在地 Location】

【ガイドマップより園内地図抜粋 Guide Navi】
中国 張家界 天門山地図 China Zhangjiajie Tienmenshan

天門山でもらえる無料ガイドマップより抜粋 Guide Map of Tianmenshan

【関連旅行記】







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA